フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

再見&多謝 我愛阿龍永遠

12月17日夜、アーロンがお浄土へ行ってしまいました。

病気もありここ半年ほどはアーロンなりに一生懸命生きておりましたし、
まわりの友達のサポートもあり、最期はちょっと苦しかったと思いますが、
私の腕の中で息を引き取ってくれました。

悲しいですが、自分が留守の時や目を離してる間に逝ってしまってるよりも
ちゃんと看取れたことはホッとしています。

私に頼って生きてきたのはアーロンだと思っていましたが、
今、こうしていなくなってみると、実は私のほうがアーロンに頼りっぱなしだったことを感じ、
もっとああしてやればよかった、あんなことしなきゃよかったなど後悔ばかりです。

弱虫な不発弾アーロンでしたが、言葉を言い換えれば優しい辛抱強い子だったと思います。
ドーベルマンという犬種でありながら、イメージとはかけ離れた性格であったから
私もおよそ9年5か月、平和に楽しく一緒に暮らせたわけです。今更ながらにありがたかったと思います。
ドベ友にも恵まれました。そのドベたちも高齢になり彼らも病気と闘いながらも優しい楽しい
家族のもと最期を迎えていきました。

あずき家のあずき
リル家のリル
ささまきちゃんのとこのドーンとジルバ
アーロンのお姉ちゃんのケリー
ドリさら家のドリーとさらさ

虹の橋を渡っていきました。
どのワンコもアーロンとはよい友達でした。
アーロンがいたからこそ今もたくさんの友達がおり、アーロンの死を悲しんでくれて
私を支えてくれています。

アーロンにはもうハグもチューも冗談も酔拳もしてやれませんが、いつも心で

”アーロン、いい子  アーロン、いい子”とアーロンに呼びかけていってやりたいと思います。

ブログ「ドーベルマンでかっ!」は今日で最後になりますが、
みなさんとまたどこかで会える日を楽しみにしています。


いやぁ~、ドーベルマンってほんといいですね。

それでは みなさん

さよなら、さよなら


さよなら

Img_4692

アーロン・・お浄土で会おうな  ありがとう


合掌


完全終劇

ちょっと早いけどクリスマス気分

またまたちょっとブランクを作ってしまいました。

したら12月半ばになってるし。

あぁ~、もうすぐ年越し~(;^ω^)

アーロンが10歳を前にちょっとガタがきています。
初老ですで。(笑)

でもぼちぼちやっていますのでモーマンタイ。

先日、SONAとAILEが遊びに来てくれました。
SONAママが用意してくれたクリスマスな雰囲気のハットをかぶって
久しぶりのスリーショット。

カメラは当然、SONAママのお高いやつで。
(私の? もう埃をかぶってその辺においてあります。)

Img_4649

Img_4652

よかったね、アーロン。

ちょっと痩せていいかんじ?
私じゃないよ、アーロンだよ。

私は・・・他人さまよりG(重力)が余分にかかってるんじゃないかと思うほど、体が重く
階段を上がるたびに、”酸素、酸素が要る~!”と大騒ぎ。
太ってはいますが、ヘモグロビンの値は超優等生です。

健康です。


ありがたいです。


合掌

終劇

エベレスト

Img_4258

エベレスト

昔ひどい高山病にかかって死にかけた私にはきつい映画になるなと思いながらも
実話をもとにしてるということで観てきました。

3Dしかなく・・・登山もので3Dってことは高いところのシーンなんかは私は足がガクガクで
あぁ、これが実際の登山だったらと思うと呼吸は苦しいわ、寒気はしてくるわで、めっさ疲れました。

劇中で


なぜエベレストに登るのか?

というセリフがありました。


それぞれの思いがある中、やはり


そこに山があるから

という答えをしている登山家もいました。


そこに山があるから・・・か。


すごいな。

死ぬかもしれない環境であってもチャレンジしていくだけの価値をそこに見出してるって。

そしてなにより、究極の状態で自分を犠牲にして誰かを助けたりするだけの勇気が自分にあるだろうか。。


とにかく体は疲れましたが、よい映画で大満足。


合掌

終劇

«恐竜の本