フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« タオルで結ぶ支援の輪 | トップページ | アルバイターの鏡 »

時給1万円

昨夜の”粗末なもの”事件  m9(^Д^)プギャー 
のその後。

今夜仕事を終えて携帯チェックすると、昨夜一緒に救助にあたってくれた
近所のおじさん夫婦からの着信が何回もあった。
なんだよぉ~、またなんかあったんか。 bearing
電話すると、帰りに話があるとのこと。
時刻はすでに10時過ぎ。 はぁ~・・。(ため息)

昨夜のことを民生委員さん、班長、親戚、総代さんにすでに報告してくれてたのこと。
さすが、きちんとしてみえる。
そして今朝の一幕。 隣の爺婆さんがおじさん夫婦のところへ
行き、昨日のお礼をしたいと言ってきたそうだ。 私は出勤後で留守だったので
私へのお礼も一緒にとのこと。

そこからが笑える。


昨日の仕事からすると、1人1時間1万円だと思うと爺婆。
でも大事に至らなかったから半分の5千円にしてほしいと値切ってきたとのこと。

なんじゃそれ?


常識あり、近所からの信頼も厚いおじさん夫婦はすぐにしかり飛ばし
お金を突っ返したとのこと。 当然だよね。 要らないよ、そんなお金、かりに100万円でも。
なんでもお金さえ払えばという考え、大嫌いである。
お金は嫌いじゃない、この私。 bleah
拝金主義っていうのかな、そういうものあかんのだ。
近所が助け合う、近所じゃなくても誰かが困ってるのを助けるのは人として当然。
そんなこともわからんのか、年寄り! 

おじさん夫婦にあんたらを助けてくれたあの子でもそんな金なんか要らんというに決まっとるだろと
私の分も返しておいてくれた。(ほっ。)  そんな爺婆でも命を救ってもらえたって二人して
わが家のほうに向いて手を合わせて涙してたそうな。(ってか私まんだ死んでないで手を合わすなやぁ。)

punch

頼れるおじさん夫婦。ほんと親戚のようにしてくれてる。話しとる途中で腹が鳴ってしまった
私のためにごはんも遅くなのに用意してくれて、帰りは手作りところてんと油菓子、いちごを
持たせてくれた。 恩返ししてかねばな、この人たちにも。

そして歩いて20歩の自宅に帰ると玄関先になんかおいてある。


ん?

Imgp4473
90過ぎた人間でもこんな字を書くんだ・・・・。

なんか、まいったなぁ・・・。


そしてその横に時給の1万円が置いてある

はずはなく、


これが置いてありました。

Imgp4474
まっ、いいか。  ゼリー好きだし。(爆)

冷えてないゼリーじゃまずいので、ナイトスナックにこちらを食べました。

Imgp4450
リピなし。

delicious


はぁ~、疲れたわ。 夜のお客さんら・・今日はアドレナリン全開なんだものcatface

合掌


終劇


« タオルで結ぶ支援の輪 | トップページ | アルバイターの鏡 »

コメント

当人達にとってみれば、お金には代えられない命だんたんでしょう。
でもまあ、そのお金使ってハウスクリーニングでも頼めばいいのに・・・なんて考える私。

私の親も高齢になって、以前はテキパキ家中を掃除していた母も最近はサボりがち。

ジルバが小さい頃体が弱くてね、『生きててくれればいいんだよ、あんたは。』って
よく思ったものだけど、この頃そのセリフはドーンと両親のためにあるような気がしてるよ(汗)

To ささまきちゃん

ほんとだよね。 ここはかなりの資産家なのに”ど”がつくほどのケチ。
お金は活かした使い方するべきだと思うけど、要らん世話だね、爺婆にしたら。

うちも同じ。 親もよく年を取ったなぁと最近感じる。

ドーン元気?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タオルで結ぶ支援の輪 | トップページ | アルバイターの鏡 »