フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« 未知との遭遇  | トップページ | 消臭力のうた »

逆縁に思う 亡き子へのラブレター

毎月7日は教蓮寺で常例法座がある。
私は仕事もあるので毎回ではないが、都合がつけば参加させていただいてる。
それとは別に毎月17日はおくりさんのアイディアで始めた「ようこそお寺へ」という集いがある。
私も参加させていただいている。 詳しい活動はまたいずれにお話しましょう。

8月の集いで、おくりさんがとてもよいものを紹介してくださった。
みなさんにも何かを感じてほしいので紹介させてもらいます。
これは山口県の宇部市にある善照寺さんが発行している善照寺新報にあったものだそうです。


逆縁に思う 亡き子へのラブレター  古田さん

息子よ。 
あなたが逝って早くも一周忌を迎えようとしている。
遺影はまだ仏壇の横の床の間に寂しい笑みか楽しい笑みか
複雑な笑顔で私が仏間に入るのを待ってくれている。
私はあなたのこの複雑な笑顔に会うのを楽しみに
この部屋に朝夕のお礼を上げに入ってくるのです。
本当を言えばあなたが私の遺影に会いに来るのがスジじゃないかね。
私はお浄土のお父ちゃんに毎日話しかけているのです。
「あなたは先に逝ってよかったね。私はこの先どのくらいこの遺影に向かわん
にゃならんかね。まことにまことに先に逝ってよかったね。」と。

そっちには、あなたを溺愛したおじいちゃんおばあちゃんたちや
縁あった人が大勢いらっしゃるのじゃね。
そんならその複雑な笑顔は喜びの表情と解釈してもいいかしら。
お浄土ってそんなににぎやかで楽しい所じゃったのか。
私は決してご法儀の篤い母ではないのですが、この世は無常であることはよく判っている
つもりです。でも無常ならば逆縁も順縁もないだろうに、なぜあえて逆縁というのだろう。
この広い世の中で人と人が出会う。家族になる。
誰と出会ってもいいはずなのにあなたと私が奇しくも親子になった。
一時は太平洋の真ん中を一人で泳いでいるような心細さがあった。
でもいやいや、み仏様が一緒じゃないか、と殊勝な思いを抱くようになりました。 
非常に不遜な話ではあるがあなたが亡くなって
何と初めて仏様を信じられるようになりました。 
亡き子に導かれて・・・という言葉通り。
あなたの思い出話をする時にあなたの家族はしんみりとしているが、わたしは涙が出ない。
ひょっとしてこれも底抜けに明るい美しい浄土にあなたが生まれていることを
固く信じられるようになったからかもしれないね。

「おふくろごめん、先に来たけどなかなか良いところだよ。」と。 
生前のあなたにはいろいろ気に入らないことを言ったけど、あなたの母でよかった。
今、この手紙を書いてると、突然少年時代のあなたとの日常を思い出しましたよ。
「息子よ、こっちを向いてくれないか。」と幾度思ったことか。
けれど息子とは亡くなって初めて母のほうへ向いてくれる存在だったのだね。
遠く宿縁を慶ばなくてはあなたにすまない。60年てこんなに短い年月だったのかね。
そして親とはいつもいつも寂しいものです。哀しいものです。
今度生まれてくるときは親より先に死なんでよ。ではこれにて さようなら
またお浄土で会おうね。  かつて子を見舞いし道や夕桜  合掌


まことにまことにですね。
Imgp2085


本日防災の日。ラジオでは一日、東海、東南海、南海の三連動地震のことを取り上げていた。
行政に任せるばかりでなく、自身で身を守る術を身につけねばな。

明日の台風接近困ったなぁ、夜の仕事は台風でも営業!の鬼のような勤め先。
しかも明日は帰りが遅い日だし・・・。

合掌


終劇

« 未知との遭遇  | トップページ | 消臭力のうた »

コメント

素敵な、お手紙に涙が出たわ・・・
実は私も、子どもの頃姉を亡くしてて・・・
逆縁は悪いことばかりじゃない。 母は娘を亡くしてから道を外したり、我を忘れたり・・・でもでも、命の大切さを誰よりもわかって この娑婆を驀進しております。

人の出会い、別れは奥がふかいですな~。ヽ(´▽`)/

確かに、まことにまことにですわ。
と言いつつ、“逆縁”の意味を調べてしまった私だけど。

先に逝くのも、残されるのもつらい。
私は信心深い方ではないから、自分が死ぬ時は
先立った人や犬を想う事で心安らかに逝けると思う。(ボケなきゃね。)
「あの世で会える。」と信じてるって事は、
ある意味、宗教的な観念なんだろうけど。。。

To akone707ちゃん

大切な人を失って初めて気づかされる命の尊さ、感謝のこころを
忘れることなく日々過ごすことが、宿縁、逆縁の存在の意味だと
思うよ。 あなたのお母さんの抱えた理屈ではどうにも解決できない
母親ゆえのこころの苦しみが亡くなったあなたのお姉さんにより
救われたのであれば、お姉さんもきっとどこかでほっとされて笑顔で
いてくれてると思います。 あなたのその屈託のない笑顔の後ろに
ある悲しい経験が他人に対しての優しさのルーツなのかもね。

そういうakoneちゃんとのご縁があったのもお姉さんからいただいた
もののひとつといえるのじゃないかな、大切にしていきたいと思う私でした。


To ささまきちゃん

宗教という言葉で縛られることなく、何かのご縁で大切なことに
気づくことすごい大事だと思うよ。 私もなんだかんだ言っても「執着」が
ある自分だけど、やはり明日この命が終わりが来ても、悔いなく穏やかに
おれるような気がしてる。 それは私の場合は宿縁、逆縁をとおして
自分が気づいたのではなく、亡くなった先人たちにより
「気づかされた」おかげだと思ってる。 そう意味では自分は生きてるので
なく、生かされてるのだなとごく自然に思い、感謝のこころが沸いてくる、
そんな毎日です。

あ~、私っていい人ね。(大爆) bleah

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未知との遭遇  | トップページ | 消臭力のうた »