フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« マストアイテム | トップページ | これは何? »

「1911」 あなたのためなら貸切よ!

昨晩、最終上映で”主人”に会ってきました。(爆)

[1911]


Photo
遅くなってごめんね、ジャッキー。heart01


一生に一度はジャッキーの映画を劇場で貸切で一人で観てみたいと思ってはいたが、
なんと昨晩は現実になりました。

お客さんは私一人。


おにぎり食べようが(食べてないけど)、

鼻くそホジホジしようが、(乙女はしません)

ゲップしようが、(ジャッキーの前ではありえません)

おならをしようが、(私のはフローラルな香りがします)


誰も文句は言わない、いや、言う人が劇場内にいないべ。(笑)


あぁ~、ジャッキー、♪ふーーーたりのため、せーーーかいはあるのぉ~。♪

なんか幸せ、と思ってましたが、

映画の内容に関しては・・・・、歴女ではない私、辛亥革命のことも含めて、今回はとにかく
人物関係が複雑すぎて日本人の私にはちょっとわかりずらかったです。
いや、わかってないな、たぶん。

これはたぶん中国人のための中国人による、愛国作品って感じだったため若干違和感を覚えた。
でもジャッキーのやった黄興という人物、すばらしかった。
それにやはり私でも知ってる孫文先生は日本人の私が見てもやはり偉大でした。

孫文や黄興が現代の中国を見て、どう思うだろうか。あの頃彼らが描いていた
未来の国はこんなんじゃなかったはずじゃないだろうか、と思った私でした。


ということで評価はgoodgoodgood


ムービースナックはこちら。

Imgp7499
Made in 台湾 (Thanks, Angela)

合掌


終劇

« マストアイテム | トップページ | これは何? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マストアイテム | トップページ | これは何? »