フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« ケンタッキーフライドチキン | トップページ | ひさしぶりの猪 »

愛知県民のソウルテイスト

私の苦手、いやかなり苦手なもののひとつがマーガリン。

学生時代、給食命!だった私が
テンション下がる一番の要因が
牛乳マーガリン

たとえ、牛乳にコーヒーミルメークが入ろうとも、
メインデッシュがカレーライス
(おかわりOK)であっても、とにかくテンションが下がる一方。
特にマーガリンは一発で私を不機嫌大魔王にさせる。

隣のメガネ男子がマーガリンを一生懸命使い切ろうと
必死になってようものなら、殴ってやろうかと思うほど荒れる私。(爆)

”おい、お前マーガリン要らんだら? くれ!”

はいはい、どーぞ、
なんなら私の机の引き出しの奥にいつのだったかわからない
ちょっと分離しかかったマーガリンがごっそり30くらいあるからそれもどーぞ!だわ。

パンにはピーナッツクリーム、マーマレード、
いちご、チョコ、それでいいじゃん。
なんでマーガリン?

そんな私は大人になってもマーガリンは天敵で、好きなランチパックであっても
絶対手を出さない。

特に許せないコンビネーションが”小倉&マーガリン”。
サテン(喫茶店)にも、学校の購買にも、コンビニにも、
八百屋にも普通に売れ筋となっている。

愛知が発祥の味、つまりソウルテイストだけど、
これだけは誇れない私。

370
「・・・・・。」 その壱


369
「・・・・。」 その弐

だれか私のかわりに
この2種類のランチパック食べてレポしてください。(爆)


合掌


終劇

« ケンタッキーフライドチキン | トップページ | ひさしぶりの猪 »

コメント

へぇー(゚0゚)
鉄の胃袋でも受け付けない物があるのねぇ(・∀・)ニヤニヤ
あんこ系は私も苦手だから食べないけど、イチゴジャム&マーガリン、
はちみつ&マーガリン、ブルーベリー&マーガリン・・・なんでもOK!
毎朝マーガリンつけてパン食べてるよ(笑)
バターが手に入らない時は味噌ラーメンにもマーガリン^^;

バターやチーズもダメなの?

いっしょ、いっしょーーーー!
でも、ねーさんがマーガリン&牛乳嫌いは、意外だわー。
わたしも給食のときに、なんで、冷え切ったパンに
マーガリン塗らなきゃいけないのか、わけわかんなかった!
そして、生ぬるくて、くっさい牛乳!
おかげさまで、チビっこのまんま大人になっちまった!
四角いチーズもだめ。
せっけんにしか見えない!
ピザは食べれるけどね!

(^-^;きくのとうちゃんもマーガリン大嫌いでございます。
トーストはなんとかokですが
冷たいパンにマーガリンは拷問でつね
小学校の時に壁に投げつけて
母が先生に呼ばれた事を思い出しました。

To ささまきちゃん

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

読んでるだけで全身の力が抜けていくようだぁ~shock
ラーメンにまで・・・すごすぎる・・・。

チーズとヨーグルトはOKよ。 バターはNG!!


To mie

繊細なのよ、私って、見たまんまでしょ?(爆)
そんな繊細な私にあの雑な給食用マーガリンは
全然合わなかったわけよ。

冷えた食パンになんてほんと拷問だったわ。
でも冬場はストーブの上にパンを乗せて焼いてよかったもんで
トーストにマーガリンってのがクラスに沢山おったわ。

気持ちの悪い連中だったわ、今思うと。

子供の頃に出会う食べ物って、その後の人生を変えるよね。
あんたの身長がぬるい牛乳のせいだって、なぜか納得してしまったわ。

bleah


To きくのとうちゃん

きくのとうちゃんがそんな悪ふざけをするとは意外ですね。

私は男子らと休み時間にマーガリンを勢いよく踏んで
ぴゅーっと出して飛距離を競ってました。

食べ物で遊んじゃいかんですね。(汗)

私も職員室に呼ばれましたが、全部男子のせいにして
無罪放免でした。 
余談ですが、小学校は食パンはひとり2枚でしたか?

私は全然腹が膨れないので、休んだ子の分をじゃんけんして
ゲットしたり、帰りに職員室により、先生にあるだけ全部
パンをもらって帰路、食べてました。
10枚くらいでもぺろりんこの私でした。
当然、余りのパンなのでジャム類はなく、そのまんま
プレーンでした。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケンタッキーフライドチキン | トップページ | ひさしぶりの猪 »