フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« Kings | トップページ | さよなら、三宅久之先生 »

ただいま増量中

今日は仕事。

朝仕事へ行くと、お客さんが泣いていた。
びっくりした。 どうしたかと聞くと、仲良しさんが亡くなったって。
気持ちが落ち着けるように話をゆっくり聞いて、私なりの言葉で
お客さんが今どうするが一番いいかを伝えた。
そしてきっつい冗談を最後におみまいしたら、鼻水垂らしながら
笑ってくれた。 

誰もがみんな最後は行く場所。
あちらでみんなに会えるんだから、なーも心配せんと
毎日を感謝して生きていくことが大切。

モーマンタイ。。。

そのお客さんから帰りがけのいつもの言葉。

”私が生きとるうちに絶対にいい男の人とご縁があって結婚できるように
毎日、仏壇にお参りしとるでね。祝儀をやりたいだで、はよせーよ。”

。*((艸д・。`*)゜*。


ここにも身内並みに我が身を案じてくれる人がおるってのは
ありがたいような、そうでもないような・・・。


そして別のお客さんのとこへ行ったら、これまたうちの息子は学はないけど
人間はいいんだわ、いっぺんどう?ってお誘い。

35歳。 希望は浮いたような若いのではなくてしっかり者の年上だって。
お客さんはどこで調べたのか、私のことあれもこれも知っててびっくり。
やいやい、個人情報もへったくれもねーべなぁ。

”若い時にきっとすっごく好きな人がいて、その人と一緒になりたかったけど
タイミングは悪くてなれずに、それ以来たまたまその人以上の男性にめぐり合えずに
今日まで来てしまった・・・みたいなタイプよね、あなたは。”

なんだ・・このお客さん。 私と同じ妄想族?(笑)


今年はなんだか周りが異常に、男の人を紹介してくれる。
これも今だけで、来年になったら誰も何も言ってくれなくなるのかな・・・。(怖っ!)


ツタヤのメンバーシップの更新が迫ってたので、仕事終わってからツタヤへ。
コブロク・・もとい、コブクロの「紙飛行機」あるかなって行くと
ぜーーーんぶ貸し出し中。 pout

しかたないから、
Kobukurobest2_jacket
こちゃらを借りてきた。

だいぶ人気のデュオみたいだ。

もう一枚懐かしくて借りたのが

Reflection
a-ha

これは絶対いいに決まってる!♪

あと4枚1000円だからあと2枚借りたほうが得だと店員に言われ
しかたなく?借りたのがBIGBANGのベストとJUJUのリクエストってやつ。

さらに更新ハガキにDVD1枚無料とあったので、一番近くにあった
アメージング・スパイダーマンを借りました。


今夜は生地から練ってピザをやりました。
1057
アンチョビ、ハバネロ入りソーセージ、ハラペーニョ、そしてカチョカバロ。

おともは

1056
塩と犬・・・


グレープフルーツを剥いて粒々ジュースにし、

ジンと合わせて


ソルティ・ドッグの完成。 smile


1054
妻わさびさん、これがハラペーニョです。(私の好物)

ただいま、ネーサン4キロ増量中。(10日間で)

冬眠前の熊かっ、私は!pig


合掌


終劇

« Kings | トップページ | さよなら、三宅久之先生 »

コメント

おやっ?きのこかな?
この前、しみじみ感じました・・・やったことない料理でもまず、手作りに挑戦すること!
美味しさが全然違いますもんね。

そして・・・考えや、想いって、歳をとるにつれ変わってゆくでしょうね。
義母の所に行く度に・・・
相手の想いを感じながらの会話って、相手だけでなく、自分にもきっと、プラスになると思います。

To 妻わさびさん

ハラペーニョはピーマンとかの仲間だと思います。
ただし、辛いですよ。 生もイケますが、勇気が入ります。
メキシコに行った時はしこたま買って、空港でスーツケース開けさせられ
職員に大笑いされたことあります。 お前は業者かっ!ってかんじで。

ピザでメキシカンピザを頼むと、トッピングにこれがのってきますよ。
お試しあれ。

年齢とともに、私も人への接し方が変わってきました。
悲しむ人を慰めようなんて思わず、自分なりにただただ寄り添って
話を聞いてあげることも大切なんだと。
年を重ねるって嫌いじゃないです、最近。

とか言いながら、年を聞かれると3秒ほどフリーズしてから
答えるあたり、腹黒いですよね、私。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kings | トップページ | さよなら、三宅久之先生 »