フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« パンチパーマではなく、パンチパンダのその後 | トップページ | エビピラフとうちの旦那さん »

アイアム・ブルース・リー

没後40年か。。。


いつ観ようか・・。 今でしょ?(爆)
ってかまだ公開されてないちゅーーーねん!(笑)

ブルース・リー祭2013

34278_01_l
この時代であっても、ほんとかっこよすぎるブルース・リー。


936765_333068870152382_1739101992_n
実の弟さんはあまり兄さんに似てないかんじ。


岡崎くらいで上映してほしいなぁ。
見に行く時はヌンチャク持っていこーーっと。

今夜のアーロンは29.1キロ。 奇跡の30キロまであと少し。happy01


合掌


終劇


« パンチパーマではなく、パンチパンダのその後 | トップページ | エビピラフとうちの旦那さん »

コメント

アーロン、ぐんぐん成長中だね(゚ー゚)
5月に会った時よりふっくらした?
ジルバと暮らし始めて、病気知らずの犬っていいなーって思って過ごして来たけど、
軟弱なのにも良いところがあってね、毎月のように病院行って検査してるから
他に悪いところがあればすぐに見つかるかもって思うんだよ。
逆にドーンは健康優良児だから、何か見過ごしてしまうんじゃないかと心配なんだよねー。

ブルース・リーはファン多いよね。
私の年代だとよくわからないけどさ。(・∀・)ニヤニヤ
少し前の話題だけど、キアヌ様の激太りにはショックで目の前が真っ暗になったわ。(・_・)エッ....?

To ささまきちゃん

わかるよ。人間もそう、健康が何よりもありがたい。
それは健康じゃない時にそのありがたさがわかるもんで、健康だったら
そんなふうに感謝の気持ちもなかったかもしれない。
アーロンが元気はつらつオロナミンCだったら、アーロンをいたわる気持ちも
沸くことなく、スパルタ飼い主してたかも。
病気なら病気でそれも彼らの個性?っていうかご縁。
ちゃんと向き合いながら、自分たちができる範囲で上手に付き合っていくしか
ないんだと思う。 ドーンはどうみても妖怪的だから長生きしそうだ。(笑)

ブルース・リーは”私”世代だけど、ささまきちゃんは若干、いやかなり?
私よりおねーーーーさんだから、ジミー・ウォンあたりだよね。(誰だよ、それっ!)
私は名前くらいしか知らないんだけどねーーー。ブブブ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンチパーマではなく、パンチパンダのその後 | トップページ | エビピラフとうちの旦那さん »