フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« カレーピラフとエディット・ピアフ | トップページ | クマ »

アーロン復活

ちょっとお久しぶり。

日曜日にアーロンが体調崩して、
やまだかつてない程、嘔吐を繰り返し非常事態発生。

フラフラで目の焦点も合っていないし、自分で立ち上がるのがやっと。
徹夜で吐きたそうになると外に連れ出し、終わると抱えて家の中へ。
ゲージに入りたがらないし、私のそばから離れないので、部屋にあげて
一緒に横たわり、擦ってやりながら、
”もうちょっとの辛抱だぞ、明日先生のとこつれてったるで。”

心臓に毛の生えてる私も、心がゲリラ豪雨状態。

1453

いけだジュニアのところへ2日行き、点滴、お薬、ニンニク注射してもらって
昨日からやっとフードも水も徐々に受けつけるようになりました。

1454
ジュニアもあまりの元気のないアーロンを見て、こりゃ、もしかすると・・・かもというくらいでした。


魂のないような目が、やっとアーロンらしい目に戻りました。

1455
”なんかくれっ!”


アーロンの完全復活まであと1,2日かなってこと。


フェイスブックつながりの皆さんがアーロンを心配してくれて、
随分心強かったし、SONAママは昨日はウマウマを持って様子を見に来てくれたし、
隣の後期高齢者夫婦も毎朝、アーロンの”回診”しにきてくれたし、
感謝感謝の数日でした。

今回、アーロンの存在の大切さを再認識しつつ、やはり一人での世話には
限界を感じました。元気ならともかく、体調の悪いアーロンでは・・・。
アーロン兄さんの調達は早急にしないととジュニアにまでダメだしされたし。

アーロン姐さんだけじゃ、ダメなのかん?アーロン。。。(涙)


バタバタしてしまって23日の誕生日スルーだったので
旧暦でお祝いしたろーかね。


ゴメンな、アーロン。

今夜の体重30キロジャスト。 2キロも落ちちゃった。。


合掌


終劇

« カレーピラフとエディット・ピアフ | トップページ | クマ »

コメント

アーロン元気になって良かった!

やっぱり早急にアーロン兄さん調達しましょう(^^)

よかったね~!心配してました。

そんなア-ロンを見てる姐さんも辛かったでしょうね。
暑い日も続いているので、油断せずしっかり治しましょうね。

水も受けつけられない状態で嘔吐が止まらないと、
本当に危険。眠れず、眠らず看病したアーロン
姐さんの気持ち、よくわかります(´;ω;`)
かん太がかつてそうなった時は、抗生物質が原因
だったと、後に判明。
アーロンも何か原因があったのでは?
原因がわかれば、こちらの気の持ちようも違って
くるというもの。はっきりすると良いね。
とにかく、信頼できる獣医さんが診てくれてよかった!!
アーロン、ぐんぐん元気になろうね♪

お疲れさま。
大変だったね(´・_・`)
ジルバも下痢+嘔吐で、このままどうにかなってしまうんじゃないだろうか…な状態だったから
不安な気持ちわかるよ。
原因わかった?
今日のアーロンはどう?
今は体重を戻す事より弱った胃を労らないと。
アーロンには姐さんだけだから、どうしても無理しちゃうと思うけど、
周りにはいつでも手を差し伸べてくれる人が沢山いるからね(=゚ω゚)ノ

お久しぶりです。更新ないので心配していました。アーロンは熱中症だったのでしょうか?少しずつでも回復してきて、何よりです。ささまきさんに同感!体重を増やすことより、胃腸を丈夫に!ドベ歴2年弱の私に何かアドバイス出来れば良いのですが、、華は益々マッチョでおてんば過ぎて困っています。転居で以前よりは姐さんに近くなったので、手助けできることがあれば何なりと!

To yuki
Thank you.
もうねぇ、今回また痛感したよ。
アーロンを車に乗せるにしてもグッタリしてるから
持ち上がらないのよ、この私をもっても。
病院にいったら、柴犬を連れた同世代の夫婦が
いてね、ひとりが抱いて、ひとりが車に何か取りに行って、
診察が終わったらひとりが抱っこして、ひとりが支払いしてって。
アーロングッタリしてるから私も膝にあの大きな体をのせて、
先生から呼ばれたら、米俵でも運ぶ男のようにアーロンを抱きかかえ、
終わったら、また車にどっこいしょしてってね。
ジュニアごときに”アーロンを一緒に世話してくれる人をなんとか・・・。”って。
どついたろかと思ったわ。(笑)

いろんな意味で限界がきてるわ。 こうなると自分がなんとも思ってなくても
”僕とどうですか?”なんて言われたら、”はい、お願いします。”って言いそうよ。


To 妻わさびさん

ありがとうございます。

アーロンのこと、じぶんのこと、いろいろ考えた1週間でした。


To ささまきちゃん

心臓に生えてたはずの毛はどこへ?だったわ、今回。
グッタリのアーロンを抱え、上手に車に乗せられない自分。
二人だったら、1,2,3で楽々いけるのに、一人だから。
”アーロン、ちょっとだけ強くいくで、いいか、1,2,3!”
っていいながら、心が折れそうだった。
自分のことはどれだけでも我慢すればいいけど、アーロンにしんどい思いを
自分のせいでさせてると思うと、ゲリラ豪雨来たね。typhoon

ささまきちゃん含め、ワンコを家族の一員として暮らしてる人は
ワンコが体調悪かったりすると、心身ともにしんどくなるのはおんなじだから
自分だけが、とは思ってないけど、やっぱりこれからアーロンが年をとって
行く中で、あの大きさのを一人でってのは不安でいっぱい、正直。
やるっきゃない!とは思ってるんだけどね。

みんなの励まし、どれだけありがたいことか。今回も痛感。

ささまきちゃん、いつもありがとね、ほんと。


To 華ママさん

すんませんでした、ご心配おかけしました。
アーロンただいま回復中です。
ごはんも食べてくれるし、今はいつもの半分くらいにして胃に負担ないようにしてます。
反面私はいつもの倍食べて、アーロンの世話をちゃんとできるようにガタイを補強中。
pig

華ちゃん元気はつらつでよろしいなぁ。 健康は財産、まちがいなく。
転居? うれしいなぁ。 どのあたりですか?

To かん太ママ

ありがとうございます。

鬼の目にも涙、サハラ砂漠にゲリラ豪雨状態でした。
大切な存在がしんどい思いをしてるのを見るのは
自分のこと以上に辛かったです。

これから年老いていく大型犬と女ひとりの私がどうやって
かかわっていくのか、ほんとちゃんと考えないといけない
時期にさしかかってきたなと。

大型犬の飼い主さんは、往診してもらうみたいだよ。
往診費用のかかる獣医とかからない獣医があるみたい
だけど、点滴とかも往診でやってくれるようです。
寝てなくてヘロヘロの状態で、ぐったりしたアーロンを
抱えるのでは、姐さんでなくても泣けてくると思うよ。
往診となると、近所の獣医さんということになると
思うけど、一度調べてみてもいいかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カレーピラフとエディット・ピアフ | トップページ | クマ »