フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« レイニーブルーのあとはやっぱり快さん | トップページ | 秋の彼岸法要と永代経法要 »

おけそく

今日はたまたま声をかけてもらい、初めておけそくを作るところを見させてもらいました。

おけそくとは

華束と書き、仏教でお供えとして出すお餅のことです。

明日は秋の彼岸の中日。

教蓮寺の檀家の有志たちが集まり、作ってくださっていました。
(吉崎さん夫妻が中心になって)

とても細かく、大変な作業です。

いずれは次の世代、つまり私たちが引き継いでいかなくてはと思いつつ、
これは今のうちからご指導いただかないと不器用を絵に描いたような私では
何年かかるやらである。

今日もみなさん、あーだこーだ言いながら、完成させてくれました。
おつかれさまでした。

Img_3379


Img_3384


Img_3389


お昼にはごえんさんが作ってくれたおいしいお雑煮をよばれ

Img_3378

最後には吉崎さんの奥さんの作ったおいしいぜんざいをよばれ

Img_3392


満足の半日でありました。


明日はお彼岸のお参りが午後から教蓮寺であります。

天気もよさそうです。

たくさんのお参りがありますように。


合掌

終劇

« レイニーブルーのあとはやっぱり快さん | トップページ | 秋の彼岸法要と永代経法要 »

コメント

スマホで見ているから細かいところはよく見えないんだけど、
これは糸巻のような物にお餅を巻いているの?
この前、プラスチックのロウソクに電球入れて灯りをつけていたのを見たよ。
何でも簡単に済ませてしまうこの時代に、手作りなのは貴重だね。
姐さんがしっかり受け継いで行かないとね。
姐さんは口と手を同時に動かせるから大丈夫だよ(笑)

しかし、姐さんの行く所は必ず食べ物があるね( ̄▽ ̄)

ささまきちゃん☆これは竹の串に色をつけたお餅を刺していくんだよ。
これが今日の法要が終わった翌日あたりにバラしておさがりとなるの。
この華束をこうやって作るとこも少なくて、そこは我らの教蓮寺さ。
吉崎さんらがここ数年、復活しようじゃないかと音頭をとり、3年前からこうやって
試行錯誤しながらこしらえてくれてるのよ。 ありがたいね。
今はいろんなことが便利さを中心に動く世の中だから、こういう手間ひまかけることの
大切さってのを今一度現代人は見直すべきだと思う。
全部じゃないけどね。  

今更気づいたの? わりと長い付き合いなのに。
私の行くところに食べ物あり! この嗅覚は動物並なの、今日もどこかで
おいしいものないか~とクンクンしてるよ。pig

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レイニーブルーのあとはやっぱり快さん | トップページ | 秋の彼岸法要と永代経法要 »