フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

« とにかくやわらかいのをね | トップページ | コスモス色を装いに »

ビハーラ研修@ビハーラ本願寺

この春から本願寺の「ビハーラ活動者養成研修会」に参加させてもらっています。
ビハーラ活動を通して、私ができることをできる範囲で行っていけるとよいと思って
参加しています。 とても内容が深く、難しいことも多いですが、25期生の同朋たちと
ともに学びばせていただきながら、交流を通してお互いの繋がりが濃くなってることはうれしい限りです。

ビハーラ活動ってなに?

興味のあるかたはウェブで調べてみてください。


今回は前回に続き、あそかビハーラ(終末期医療を専門に行う本願寺が母体の病院)から
尊敬する花岡先生と山本先生(ともに病院常駐僧侶)の講義やディスカッションもあり、
大変勉強になりました。

大事な家族を癌で亡くされた方たちによる直接のお話は涙を抑えられず、あらためて
命とはどうあるべきか? 悲しみや苦しみの中におられる方たちに寄り添うということは
一体どういうことか、仏教がどういうかかわりを持たなくてはいけないかということを
考えさせられたことです。

花岡先生がおっしゃった言葉がいい意味でグサッと刺さった今回の研修でありました。

「私が無駄に過ごした今日は、亡くなった人が痛切に願った日です。」

Img_3521


私は自身のありように恥ずかしくてたまりませんでした。 
この言葉を心に刻みつつ、にちにちを過ごさなくてはいけないなと思います。


同朋の西光さんから本をいただきました。ありがたく読ませていただきます。

Img_3532


研修の帰りに東海の仲間と行列のできるラーメンを食べました。ご馳走さまでした。
Img_3530


たくさんのご縁に育てていただき、感謝感謝です。

前回の実践研修で同じグループだった福井のおじさんから
写真を数枚いただきました。
楽しかったね、よい思い出になりましたという言葉を添えて。
忙しい中ご厚意で写真を撮ったり焼いてくれて、ひとりひとりにお礼の言葉をかけてくださり、
こういうことができる人になりたいなぁと思いました。 
帰宅し、荷を開けながら、写真を眺める私の目じりには深い笑いシワがまた走ってます。
まっ、笑いシワは幸せな証拠だと思ってスルーしましょう。

Img_3519


アーロンはよい子で留守番できたようです。私がいないほうが穏やかなようです。(爆)

なんまんだー


合掌


終劇

« とにかくやわらかいのをね | トップページ | コスモス色を装いに »

コメント

うん、まあ、ちょっとこの記事とは違うんだけどね、
自分の心の移ろい?と言うか・・・移ろっていないと言うか・・・

長く患っていた人でも、急なことでも、
その人が亡くなってすぐはただただ茫然として、涙に暮れて、
寂しさは後にドッと押し寄せて来る感じなんだよ。
日にちが経っても、ふとしたきっかけで会いたくてたまらなくなる、みたいな。
その時に、二度と会えないんだって改めて胸にずしんとくる。
で、その日は一日中そんな気持ちを引きずるんだよねー。
昨日はそんな一日だった。

>私が無駄に過ごした今日は、昨日亡くなった人が痛切に願った日です

私も胸に刻むよ。

ささまきちゃん☆相手への思いが深ければ深いほど、時々思い出されてはさみしくなったり、かなしくなったりってことはあると思うよ。自然なことだし、大切なことだよ。 亡くなってもそうやって思いを巡らせれもらえる存在ってのはうれしいと思ってるだろうし、でも幸せに、笑顔でいてほしいと願ってくれてるはずだ。 笑顔を早く見せてやれるようになるといいね。
それにはまず、おいしいものを腹いっぱい食べよう♪ 元気になるにはそれが一番!pig
近くにできた肉屋さん(土日のみ営業)、唐揚げがすごいうまいらしい。週末行ってくるわ!(余談)

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とにかくやわらかいのをね | トップページ | コスモス色を装いに »