フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うまいもん

尾崎農園

  • 大ちゃん
    同級生でご近所、村のトム・クルーズこと大ちゃんのアグリカルチャー的パッション
無料ブログはココログ

仏教

ビハーラ研修@ビハーラ本願寺

この春から本願寺の「ビハーラ活動者養成研修会」に参加させてもらっています。
ビハーラ活動を通して、私ができることをできる範囲で行っていけるとよいと思って
参加しています。 とても内容が深く、難しいことも多いですが、25期生の同朋たちと
ともに学びばせていただきながら、交流を通してお互いの繋がりが濃くなってることはうれしい限りです。

ビハーラ活動ってなに?

興味のあるかたはウェブで調べてみてください。


今回は前回に続き、あそかビハーラ(終末期医療を専門に行う本願寺が母体の病院)から
尊敬する花岡先生と山本先生(ともに病院常駐僧侶)の講義やディスカッションもあり、
大変勉強になりました。

大事な家族を癌で亡くされた方たちによる直接のお話は涙を抑えられず、あらためて
命とはどうあるべきか? 悲しみや苦しみの中におられる方たちに寄り添うということは
一体どういうことか、仏教がどういうかかわりを持たなくてはいけないかということを
考えさせられたことです。

花岡先生がおっしゃった言葉がいい意味でグサッと刺さった今回の研修でありました。

「私が無駄に過ごした今日は、亡くなった人が痛切に願った日です。」

Img_3521


私は自身のありように恥ずかしくてたまりませんでした。 
この言葉を心に刻みつつ、にちにちを過ごさなくてはいけないなと思います。


同朋の西光さんから本をいただきました。ありがたく読ませていただきます。

Img_3532


研修の帰りに東海の仲間と行列のできるラーメンを食べました。ご馳走さまでした。
Img_3530


たくさんのご縁に育てていただき、感謝感謝です。

前回の実践研修で同じグループだった福井のおじさんから
写真を数枚いただきました。
楽しかったね、よい思い出になりましたという言葉を添えて。
忙しい中ご厚意で写真を撮ったり焼いてくれて、ひとりひとりにお礼の言葉をかけてくださり、
こういうことができる人になりたいなぁと思いました。 
帰宅し、荷を開けながら、写真を眺める私の目じりには深い笑いシワがまた走ってます。
まっ、笑いシワは幸せな証拠だと思ってスルーしましょう。

Img_3519


アーロンはよい子で留守番できたようです。私がいないほうが穏やかなようです。(爆)

なんまんだー


合掌


終劇

秋の彼岸法要と永代経法要

午後から教蓮寺でお彼岸のお参りがありました。

たくさんの参拝でにぎわっており、うれしいかぎり。

仏教は仏の教えであり、仏になるための教えでもあるそうです。

三毒のお話、耳の痛いことろでした。

なんせ貪欲にまみれた私なので。(汗)

そんな私でも阿弥陀さんの思いが届いてくれてる安心感で今日も相変わらずの私です。

Image


Image_2


キンモクセイのいい香りが秋の訪れを知らせてくれているようです。
彼岸花も一番いい時ですね。

Img_3406_2


お浄土に先立っていった大切な人や愛した存在たちが、仏縁となって
私たちに届いてくださっているありがたさに感謝するのがお彼岸だと思います。

いずれまた会えるから

安心して、感謝してにちにちを送りましょう。

というとてもすばらしいことを言った後ですが、
そこはやっぱり私ですので、ちょっといい~はなし~♪


先日、携帯の待ち受けに快さんの素敵な笑顔をバーンと設定しておきました。

Img_3333

毎日見ても飽きませんね。heart04

するとある人に

快さんを知らないようで

”あれっ、これって誰? 彼氏ができたの?”といわれました。

うそはいけないので、

”彼氏だったらうれしいけど、一番好きな人~♪”と言いました。

紛らわしい待ち受け画面はやはりやめるべきか・・・と思ってましたが、結局毎日を生き生きと
暮らすためには必要だと思い、写真を変えました。


Img_3405

やっぱり快さん♪

なぜこの写真なのかお気づきですか?
みなさん、やっぱり赤い糸ってのはあるのかもしれません。
快さんの左上をご覧ください。

97

私の誕生日は9月7日ですね。


キュンキュンしますね。


ということで、法話でよい話を聞いた人間とは思えないような発言するあたり、
私はまだまだ仏の教えには程遠いとこにいる気がしております。

あぁ、なんまんだー


合掌

終劇

おけそく

今日はたまたま声をかけてもらい、初めておけそくを作るところを見させてもらいました。

おけそくとは

華束と書き、仏教でお供えとして出すお餅のことです。

明日は秋の彼岸の中日。

教蓮寺の檀家の有志たちが集まり、作ってくださっていました。
(吉崎さん夫妻が中心になって)

とても細かく、大変な作業です。

いずれは次の世代、つまり私たちが引き継いでいかなくてはと思いつつ、
これは今のうちからご指導いただかないと不器用を絵に描いたような私では
何年かかるやらである。

今日もみなさん、あーだこーだ言いながら、完成させてくれました。
おつかれさまでした。

Img_3379


Img_3384


Img_3389


お昼にはごえんさんが作ってくれたおいしいお雑煮をよばれ

Img_3378

最後には吉崎さんの奥さんの作ったおいしいぜんざいをよばれ

Img_3392


満足の半日でありました。


明日はお彼岸のお参りが午後から教蓮寺であります。

天気もよさそうです。

たくさんのお参りがありますように。


合掌

終劇

はぜドン

毎月第一土曜日は教蓮寺の子供たちの「土曜学校」

今日もお手伝いさせてもらった、あきこ”おねーさん”でした。

おまいりの後は、ごえんさんの作った釣竿で隣の川でハゼ釣り。

餌が気持ち悪いとつけれない子がほとんどのため、ネーサンはあっちこっちに
走って餌をつけてやりながらてんやわんや。

餌がつけれない子でも私はただつけることはしません。
かならず隣に来させ、”どっちが頭だ?” と聞いてやります。
何度もおしえていくうちに子供は頭がどっちかくらいはわかるようになり、
餌を針に刺すところもばっちり見させ、

”これだってこんなことされたくて生まれてきたわけじゃないんだで、ごめんな、痛いことして。”と
言いながらつけます。
エサだって、魚だって命が自分たちと同じようにあるということを学んでほしいのです。

晩夏とはいえ、まだまだ暑い、子供も大人も汗をたらたら、それでも楽しい時間をばっちり
過ごしました。


Img_3172_2
さぁ、ごえんさんの作ってくれた竿でハゼ釣りだ!

Img_3173
ここの川では私が幼いころはスイミングしたものです

Img_3175
自分で針に餌をつけられる子もたまにいます

Img_3176
ハゼのほかに小さな天然の鰻も獲れました

Img_3178
つりの上手な男の子はつりの苦手な女の子を助けてやり、

Img_3179
大きい子は小さい子の面倒をみる

自然と優しい心が育っていく環境が教蓮寺にはあります。

私も若干怪しいものの?ここで幼いころから育ててもらって現在があります。笑

ありがたいことです。

Img_3185

アーロンが

姐さん、ハゼなんかよりいい男釣らなきゃと言ってるようなそんな気がする土曜の午後でした。

合掌

終劇

蓮如聖人ゆかりの應仁寺

日曜日が休み。

稀~、うれしい~、目覚ましなしで寝たのにアーロンに起こされ、
朝から洗濯、掃除、アーロンもついでに洗濯。(笑)

昼からは教蓮寺から仏教婦人会の研修会に参加。
教蓮寺のおくりさんや吉崎さんの奥さんとも一緒。

應仁寺は蓮如聖人がここ三河の地にお越しの際、ここ碧南市西端に建てられた。
住職がいないというめずらしいお寺。
地域の皆さんが力を合わせて守っておられるすばらしいお寺でした。

今日は160人の方が参加。
右見ても左見ても、前見ても後ろ見ても成人式を3回はやったであろう”乙女”の皆さん。
どうしてもこういう行事だと私みたいなのは若手になる。

ご講師の住職が奏でる琵琶の根もよく、テーマの地獄極楽をわかりやすくお話いただきました。

ありがとうございました。

2339


2336


2337


合掌

終劇

お彼岸の中日

早朝からずっと仕事。

半沢なんチャラの影響か、職場で

倍返しだ!猫も杓子もそのセリフ。

だから、私見てないですから、わかりませんっつーの!

今日は旗日だから職場の食堂はガラガラ。
いつもはどんぶり山盛り一杯の私をガン見、二度見、
する職員も少ないから、どんぶり飯をもう一回。

倍返しならぬ、杯返しだ!

いや、返してはない、もらうほうだ。
まっ、どーでもいいかっ。

Image
二杯飯は、おかずが少ないから、しょうゆごはん。

うまっ!

中秋節

香港月餅は手に入らないから、711の月餅。


Image_2

105円


香港帰りた〜い!

帰りたい人、いや、犬が一匹。

帰りに顔を見に寄ると、

Image_3
ぬか喜び

明晩、迎えにくると言うと、このツラ。


Image_4

わかりやすっ! ふて顔。

我慢せー。


合掌


終劇

ブッダがせんせい

教蓮寺の土曜学校で読まれる「ブッダがせんせい」がまことによい。
子供用の本ではあるが、大人が読んでもなるほどぉ~な内容。

先週、土曜は若院さんがここを読んだ。

1631


1632

まったくそのとおりです。

自分のためなんです。 

がんばりましょう。


昨日は早朝から夜までとにかく忙しく、昼ごはんも食べる時間がなくて
カバンに非常用に入れてるスニッカーズがあり、救われた。
ロッカーにカップヌードルくらいいれておかなきゃな。
仕事を終えた頃には見た目はそのまんまpig、気分激やせしてる私はバナナをむく気力さえも
残っていない状態でしたので、胃袋のオアシスへ。

1635
またまたおひとりさま焼肉。


もともとはこんなに肉食系じゃないんだけど、仕事は体を使うので
とにかく体力つけるためには肉を食べるようにしてる。

ミスジおいしかったなぁ。  

焼肉屋で清算して、最後にもらうロッテのグリーンガム1枚があんなに
おいしく感じるのはなぜだろう? 


台風こっちに来るのかな。。。 
今日はアーロンをお山(白山公園)でがっつり遊ばせ、明日はまた小鉄のところへステイ。

1640


1642
ぶさっ!(笑)


初夏に植えたペパーミントが花をつけた。

1638
かわいいな。

ミントのそばにいたイモムシ。

すっごく色がきれい。

1637
なにげにガンダムのザック系の配色。

ナショナルジオグラフィック的に撮りたかったが、やはり携帯じゃうまくいかないね。

テレビをつけたら、NHKプレミアムで「ラストサムライ」がやってた。
観るつもりなかったけど、結局最後までおつきあいして、しかも3回くらい観たことあるのに
また泣いてしまった。 侍~、武士道~、日本人!!!(涙)

鼻水垂らしながら、チャンネル変えたら、

(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

ダーリンの「ダブル・ミッション」やってるやん。

ショック! 

1645
どうしてこんなに素敵なのかしら。

アーロン31・2キロ。

合掌


終劇

最後の蓮

アーロンの大事な友達のリルが迷わず橋を渡っていきますようにと
願いを込めて、教蓮寺でおまいりしてきました。


1571
二河白道


最後の蓮が咲こうとしています。

1575


アーロンは白くまを少し食べたら涼しくなったようです。

1576


1578
うんめっ!


合掌


終劇

蓮の池と二河白道

毎月17日の夜は教蓮寺で「ようこそお寺へ」。
今回は都合もつき、最初から参加できました。

昨晩は飛び入りでI君という若い子も参加、加えてごえんさんも時間があると
いうことで入ってくれました。全部で6名。

「二河白道」がテーマ。 
ちょっぴり知ってても、ごえんさんの解説が加わると「へぇ~」が俄然増える。
まことに深い。 理解はできるが、自分の毎日に生かせてるかというと
怪しい煩悩成人の私。 catface

教蓮寺の蓮の池には二河白道をイメージした橋が東から西に向かって
かかっています。 東の岸(娑婆)から西の岸(お浄土)を渡っている最中の私。
まだまだ先は長いようです。のんびりとあせらず、阿弥陀さんがあちらで待っておって
くださるんで、時々道草なんか食っちゃったりして、安心で西へ向かおうと思います。

1556


1555

今朝は、吉崎さんたちのお朝勤(おあさじ)を寝坊してしまいました。
それでもごえんさんにお手伝いしてもらいながら蓮の果宅(かたく)を取りました。
ちょっと作りたいものがあって。happy01

1567


1565

Kさん、うまくいったら約束どおりおすそわけしますからね。

帰り際、ごえんさんがつるむらさきのかわいい花を見せてくれました。
(ごえんさん、ちゃんと従兄弟のとこに届けましたよ、喜んでました。)

1558
こんなにかわいいって知ってましたか?

そして色々採って私に持たせてくれました。

1569
ご馳走さま

ナスは塩糀で、つるむらさき(赤、青)はニンニクとごま油でおひたし、
オクラと蓮の実はさっと茹でて。そしてスダチは・・はちみつが少し残ってるから
漬けてみよう。

新鮮な教蓮寺の野菜たちは私に明日の活力をくれること間違いなしです。

1570
キューピーちゃん、3分でお願いね。


夕暮れの風は秋の香りがし始めてます。
1568
感謝


アーロン31.2キロ。

合掌


終劇

もうすぐお盆ですね。

今朝は教蓮寺でおみがき。

猛烈な暑さの中の作業。
体中から汗が噴出すが、特に私は顔。
滝のような汗、これでは女優になれないな。(ってかなる気だったんかい!)happy02
久しぶりに日焼け止めを塗り、京劇役者のような顔で始めたが
作業開始からすぐに相変わらずのすっぴんの私になってしまうほどの汗でした。


今日は例年よりも少ない人数で大変でしたが、具合が悪くなったりする人もおらず
なによりでした。きれいになったお寺を見て感謝の気持ちがわきました。

1491


1488


1492
味はともかく塩分補給を!(笑)

1490_2
終わってからごくごく数人でそれはそれは美味しいお素麺をよばれました。

私って結構力持ちなんだけど、どうしても引っこ抜けなかったあの材木。
線隆さんがぐいぐいやって抜けたのを見た時に、若干敗北感。
やっぱり30代の男性にはかなわないな。。。(グスンッ)

負けないように体鍛えなきゃな。

家に帰って水風呂に入って、横になったらバタンキュー。
気づいたら1時間たってました。
また顔日焼けしちゃった、まっ、いいかっ。

アーロンはクーラーの中快適生活中のため、体重も変わらず。


明日は部落のお宮さん(神社)とお寺のお地蔵さんのお掃除。
もうひとがんばりだな。


1489
残り少ない蓮が風にそよそよと揺れてました。

お盆はもうすぐです。 


合掌


終劇